the end of JP-TW long-distance relationship is a new beginning...
page top
引用:フランス大使館

申請場所と時間

申請場所 : 在日仏大使館 申請時間 : 月-金曜日 午前9時から11時30まで(祭日を除く)

必要書類

1. 短期ビザ申請書(シェンゲンビザ申請書)1部
2. 証明写真 2枚 (同じ写真でカラ-のみ・正面・無帽・白の背景・35x45mm・顎から頭までの長さが写真全体の70〜80%以内のもの・デジタル写真不可)
3. 日本帰国日より三ヶ月以上有効なパスポート・ビザ用のページが2枚以上残っているもの。オリジナル+名前や写真が載っているページのコピー1部
4. 外国籍の場合、日本帰国日より三ヶ月以上有効の日本における在留資格と再入国許可証。オリジナル+コピー1部
5. 外国籍の場合、外国人登録証明書(カード)。オリジナル+両面のコピー1部
6. 日本人の配偶者等の場合:戸籍謄本(英/仏語に翻訳済みのもの)。オリジナル+コピー1部
7. 滞在費の証明(一日当り80ユーロ以上相当の額を有していることの証明)オリジナル+コピー1部           
* ≪私費の場合≫ 銀行講座または郵便口座の通帳 (本人名義)
* ≪企業派遣の場合≫ 企業からの保証書(英文又は仏文)
8. ≪在職中の方≫:申請者の名前、職名、雇用開始日、契約形態、年収、休暇を許可する旨を記した在職証明書(英語又はフランス語)。会社のレターヘッド付きの紙にて、製作日付、製作者の名前とサインを記入し社版を押すこと
9. ≪学生の方≫:卒業予定日を記した在学証明書(学生証不可)。奨学金受給者の場合、期間と金額を記した奨学金証明書 ≪個人事業の方≫:事業に関する証明書(登記簿謄本、個人事業開業証明書、営業許可書など)+ 年収を記した税金証明書
10. ≪主婦の方、無職の方≫:滞在費用を負担する者からの保証書とその者のパスポートのコピーと在職証明書。保証書に必ずパスポートと同じサインを記入すること
11. 旅行会社発行の英文予約証明書もしくは往復航空券。オリジナル+コピー1部
12. 滞在先の証明
* 滞在全期間のホテルの予約証明書(日付と滞在日数が明記されたもの)
* 知人宅に滞在する場合、滞在地の市役所から発行された受け入れ承諾書(Attestation d’accueil)オリジナル+コピー1部
13. 海外旅行保険の証明書(入院費や救済費を含むもの、クレジットカードに付いている保険は不可)オリジナル+コピー1部
14. Businessで訪問する場合
* 交渉先の名前、滞在の日付と目的を記した雇用主からの保証の手紙(英語又はフランス語)。会社のレターヘッド付きの紙にて、製作日付、製作者の名前とサインを記入し社版を押すこと
* 相手先(フランス側)からのインビテーションレター。オリジナル+コピー1部
15. 申請料金 2000円前後。尚、審査終了後ビザが許可されない場合、料金の払い戻しはできませんのでご注意下さい。

ビザ受領

ビザは20日後に出来上がりますので、月-金曜日の午前9時から10時30分迄の間に引き換えチケット持参の上、大使館ビザセクションの受け取り窓口にて受領して下さい。又、書留送付分の600円切手を貼った返信用封筒(パスポートが入る大きさ)を申請の際に提出していただければ、ビザ発行後返送いたします。

發表留言

只對管理員顯示


引用
引用 URL

© 日本男と台灣娘の結婚生活✿. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG